(株)鹿光生物科学研究所は食品の分析及び開発受託を請け負う分析機関です。天然着色料の取り扱いには自信があります。

MENU

ムラサキトウモロコシ色素

名称 ムラサキトウモロコシ色素(ムラサキコーン色素)/ Purple corn color
概要 本品は、トウモロコシ(Zea mays L.)の種子又は雌穂から得られた、シアニジン3-グルコシドを主成分とするものである。デキストリン又は乳糖を含むことがある(第9版食品添加物公定書)。
INS No. 163又は163(iv) E No. E163
色調 赤~赤紫色 染着性
溶解性(水) 溶解性(油) ×
耐熱性 耐光性
金属の影響 あり タンパクの影響 暗紫色
分類 既存添加物/食品添加物公定書
特徴 アントシアニン色素/pH3以下鮮明赤紫色、pH5~6赤褐色
ニチノーカラー  
食品への表示例 ムラサキトウモロコシ色素、ムラサキコーン色素、アントシアニン、アントシアニン色素
使用基準

本品は以下の食品には使用できません。1.こんぶ類、食肉、豆類、野菜類、わかめ類(これらの加工食品は除く)。2.鮮魚介類(鯨肉は除く)、茶、のり類


来歴

 トウモロコシの起源は定かではありませんが、一説には中南米付近とされています。現在はアメリカやその周辺国で主要な農産物になっていますが、その原種は南米の産地で栽培されている濃紫色のトウモロコシであるとされ、数千年前からすでに食用にされてきました。例えばペルーではムラサキトウモロコシを元にチチャモラーダ(chicha morada)という赤色のジュースにして使われています。
 日本では紫トウモロコシはあまり栽培されておらず、国内にみられる紫トウモロコシ色素の原料はほとんどが海外のものです。


色素

 紫トウモロコシ色素の主成分はアカキャベツや赤大根と同様にアントシアニンです。中でもシアニジンー3グルコシドやペオニジン―3-グルコシドなどが主要なアントシアニンになります。
 

 紫トウモロコシ色素は、紫サツマイモ色素やアカキャベツ色素などに比べて安定性はあまり優れていませんが、アントシアニン色素の中では比較的古くからあること、臭いがすくないことなどから、お菓子や漬物などに使われています。 


株式会社鹿光生物科学研究所ではムラサキトウモロコシ色素を用いた食品の着色について、これまでに培った様々な知見をもとに、お客様のご要望に沿った色彩の食品開発を支援しております。色調や安定性など、食品の色に関することはなんでもお問い合わせ下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社鹿光生物科学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.